メインイメージ

i Phoneのガラス交換をおこなう

i Phoneのガラス交換をおこなう方法

i Phoneのトラブルで割と多いのはガラスにひびが入ったり、落下して割れてしまったりしまった場合にガラス交換が必要となる場合です。Appleケアや各キャリヤの保証制度に加入している場合には迷わずAppleで修理する事をお勧めします。しかし、保障制度が適用されない、保障が切れてしまっている場合には他の方法を選択したほうが費用が節約できるケースがあります。どのような選択をすれば良いかそれぞれのメリットとデメリットについて解説します。

①Appleに修理を依頼する
保障制度が適応されない場合には最も費用がかかる選択肢です。しかし、i Phoneでは保障制度が充実しているために、保障制度を活用すると意外と安くガラスを交換する事が可能です。しかも、Appleケアを使用すると、本体を新品もしくは新品と同等品と交換できるほか、先に交換品を入手して後で修理品を送る事もできるため、i Phoneが修理されて戻ってくるまで電話が使えないという不便さも無くなります。送られてきたi PhoneのSIMカードを自分で交換するという手間がかかるだけです。返送もヤマト運輸のピックアップサービスに手渡すだけなので殆ど手間もかかりません。

②修理業者に依頼する
i Phoneの場合、専門に修理してもらえる業者が多数あります。ガラスの大きさが機種によって異なるため必ず機種を確認して、見積もり費用、郵送費用などを考慮して依頼しましょう。

③自分でトライする
当然ですが、パーツを購入して自分で修理するのが一番安く済みます。YouTube等の動画サイトには自分でやる場合の方法が詳しく解説されています。ガラスだけではなく専用工具も必要となりますが、動画サイトをご覧になり自分でできる自信のある方はトライしてみてください。ガラスだけではなく電池の場合にも可能です。ただし、失敗する可能性もありますので判断は自己責任で。

やはり、Appleに依頼する方が殆どだろうと予想されますが、ある程度電気や電子機器について知識があれば自分でトライする事もそれほど難しい訳ではありません。しかも、ガラスだけではなく電池を新品にする場合にも適応可能なやり方なので、安いサードパーティーの電池を使うなど、腕に自信のある方にはおすすめです。ただし、多くの電子機器がそうであるように、保証期間内に自己責任で分解してしまうと保証が受けられない可能性があります。必ず確認のうえ作業をする事をお勧めします。

Copyright© 2015ガラス修理は窓だけでなく、テレビやスマートフォンもある All Rights Reserved.