メインイメージ

見学するポイント

厚木で一戸建てを見学するポイント

厚木で一戸建てを見学するときは、外壁塗装の状態に注意しましょう。ヒビワレの有無を必ずチェックし、塗装の種類も質問します。外壁塗装の塗膜には防水性が備わっていますが、さらに耐久性が強い塗膜として撥水性も挙げられます。東京湾や相模湾からの潮風の影響を受けやすい厚木では、塩害対策への配慮があると一戸建ては長持ちします。

撥水性には砂埃や大気中の微粒子の付着を低減させる性質があり、塩分を含んだ空気や湿度が塗膜に付着したとしても、壁材を保護できます。
一戸建てを見学するときは、不動産会社やハウスメーカーの担当者がいると質問しやすいです。

厚木の気候と風土を理解しておくことも、一戸建てを長持ちさせるのに重要です。梅雨の季節は、湿度が高くなりますが、木造建築の一戸建てに使用されている資材によっては自然に湿度が調整されます。
自然に湿度が調整されることを、調湿機能と言います。シラスの壁や、土壁などが代表的です。外壁塗装の塗膜にも、湿度透過機能が備わっていることもありますので、担当者に確認しましょう。

厚木には住宅展示場が豊富です。家族でモデルハウスを見学するのに役立ちます。その一方で、工務店が建築して入居される予定のある一戸建てが見学できることもあります。建築施工例として挙げられている住宅です。実際に入居されてしまっている場合もありますが、善意で内装を見学させてもらえますので、積極的に利用すると良いでしょう。

厚木の住宅展示場には、延床面積が100平方メートルを越える大型住宅がモデルハウスとして建築されていることが多いです。モデルハウスを実際に建築するためには、建ぺい率もクリアしなければなりませんから、相当に広い敷地面積の土地が必要になります。ですからモデルハウスで得た印象と、実際に建築されるマイホームの印象は、大きく異なることがあります。
モデルハウスとマイホームとの違和感を抑制するには、建築施工例を知っておくことがポイントです。

厚木は台風の影響も受けやすい地域なので、風圧への耐久性も確認しましょう。外壁塗装の種類に関わらず、弾力性の備わっている塗膜に仕上がっていると、風圧にも強い外壁になります。チェックポイントは、風圧による歪みへの強さです。

歪みにくい住宅は、地震だけでなく台風などの強風にも耐えられる住宅になっています。歪みにくければ塗膜に亀裂が発生しにくくなり、ヒビワレしにくくなりますので、塩害が建材の内部に浸透するのを予防できます。”

Copyright© 2018光熱費を抑制するために効果的な方法 All Rights Reserved.