メインイメージ

太陽光発電を導入

厚木で太陽光発電を一戸建てに導入する時の注意点

東日本大震災の後から、一般家庭でも太陽光発電を導入するところが一気に増えて行きました。
それを導入する大きなメリットと言えば、電気を自分たちで作る事ができるので、もし万が一電気が供給されなくなってしまったとしても日中太陽が出ている間であれば困る事はないという事です。
また現在では蓄電池も開発されており、日中発電した電気を溜めておく事ができる様になってきています。
その為、夜間でも電気をあまり買わなくても生活する事ができるという点も知っておくと良いでしょう。

ただ、一見導入する方がかなりお得なのではないかと思ってしまいがちな太陽光発電ですが、実際に導入する戸なると大体200万円程度の費用が発生する事になります。
勿論それを払うだけの価値があるシステムなのですが、導入費用は家計に大きな負担を強いる事になるため、安易に導入できないという人も少なくありません。
正しく設置する為にも、いくつかの点について良く理解した上で導入を決める事が重要です。

一つはどれだけの費用が必要となるかという事です。
前述した様に大体200万円程度は必要となるのが一般的です。
ただ利用するメーカーや設置するパネルの枚数によっても大きく費用が違ってくるので、家族の人数からどれだけの電気が必要かを算出して、それに合わせて見積もりを出して貰う事が重要となります。

もう一つは補助金があるかどうかという事です。
数年前までは国からと地方自治体からの補助金を受ける事ができていましたが、現在厚木県ではそういう制度を受ける事はできません。
ただ厚木県では未来永劫ずっと補助金を使う事ができないかと言ったら決してそうではないので、再びその精度が復活するかどうか情報に敏感になっておく事も重要です。

後は厚木県の日照時間にも目を向けておきましょう。
基本手的に一戸建ての場合は屋根に太陽光パネルを設置する事になります。
また南側に向いている屋根の方が発電量は大きくなるので、短時間でも必要な電気をまかなう事も可能です。
しかし厚木県自体の年間の日照時間は47都道府県中でも上位に入っている状態なので、ある程度の日照時間は期待出来ると言えます。
その為、一戸建てで太陽光発電を導入した場合もある程度の発電量が期待できると考えて良いでしょう。

上手に厚木県で一戸建てで太陽光発電を導入する為には、このように色々な面から考えて行く必要があります。
そして本当に自分たちにとってメリットがあると分かった時に導入するようにします。”

Copyright© 2018光熱費を抑制するために効果的な方法 All Rights Reserved.